腕時計を長く使うために気をつけたい3つのポイント

衝撃から時計を守ろう

腕時計は精密なパーツで構成された商品です。そのため、衝撃を受けると故障してしまう可能性があります。実際に、「腕時計を落として故障してしまった」という例はかなり多いのです。このような事態を避けるため、腕時計を着脱するときは特に慎重に扱うようにしてください。歩行時にも柱などにぶつけないように気をつけてください。耐衝撃性能をアピールする腕時計もありますが、落としてもよいわけではありません。軽度の故障であれば修理が可能ですが、古い腕時計では修理用のパーツがなかったり、高額な修理費用が請求される場合もあります。

汗や皮脂による劣化にも注意

腕時計は年間を通じて利用するものです。また、肌に直接装着するのが一般的なので、皮脂がつきやすくなっています。この皮脂が腕時計の汚れや素材の劣化を引き起こす原因です。特に夏の時期は汗をかきやすいため、汚れや劣化が進行しやすくなっています。腕時計はバンド部分の素材がいろいろありますが、どの素材でも汗や皮脂は好ましくありません。お気に入りの腕時計を長く利用するために、定期的に乾いた布などで汚れを取るのがおすすめです。バンドの交換をするのもおすすめですが、機種によっては高額になる場合もあります。

ときどきオーバーホールをしよう

お気に入りの腕時計を長く愛用するために、最も大切といえるのは定期的なオーバーホールです。オーバーホールは分解掃除ともいわれている作業で、おもに時計本体の内部に対するメンテナンスのことです。専門的な知識と技能が必要なので、時計販売店に依頼する作業になります。オーバーホールを行うと、細かいパーツのひとつひとつが点検され、問題があれば交換されて潤滑油なども補充されます。新品に近い状態になって持ち主のもとに戻されます。オーバーホールは数年に一度のペースで行うのが適切です。

ロレックスは有名な時計のブランドです。価格も高額ですが丈夫で人気は今でも衰えません。一番人気のモデルはエクスプローラー550000円〜サブマリーナ830000円〜GMTマスター970000円〜です。