これだけはやっておいて!機械式時計の基本的お手入れ

機械式時計のお手入れは大変?

その高級感から広く愛好されている機械式時計ですが、精密な部品から構成されているという性質上、そのお手入れには大変な手間がかかると認識されている向きがあります。実際にクォーツ式などと比較すれば、日々行わなければならないことはありますが、それでも私たちが一般的に持つイメージよりも手間がかからないというのが実状です。また、お手入れにかける手間も機械式時計の醍醐味であり、これを楽しめる人には決して大変なものではないでしょう。

機械式時計のお手入れで必ずやるべきこととは?

これから機械式時計を購入しようと考えている人などの中には、実際にどのようなお手入れが必要なのかわからず尻込みする人もいるかもしれません。機械式時計で必ずやらなければならない主要なお手入れは、「ゼンマイを巻くこと」です。後者については時計を駆動させる上では当然のことのように見えますが、特に購入直後などは、潤滑油を内部部品に行き渡らせるというお手入れの観点から必須になってくるので、しっかり行うようにしておきましょう。

ほこりや汚れの拭き取りは意外に重要!?

もう一つ重要なお手入れが、「よごれやほこりを拭き取る」ということです。美観を保つためには当然だと思われがちですが、これについてもお手入れにおいてはそれ以上の大きな意味があります。機械式時計のケースなどは、剛性を考慮してステンレス製が一般的です。ステンレスは錆びにくい性質がありますが、十分な外気に触れていない状況だと簡単に錆びが発生してしまいます。つまり、ほこりや汚れがついているとそこから錆びが出て、時計自体を使いものにならなくしてしまうのです。

グランドセイコーを安く購入する場合は、中古品の購入が最適です。使用に問題がなければ中古品でも長く使うことができます。