結婚指輪の地金について

日本では圧倒的に人気なプラチナ

結婚指輪の定番の地金と言えば、プラチナです。日本では9割近くの人がプラチナを地金として選んでいるという事ですので、圧倒的な人気を誇っていると言えます。プラチナというのは貴金属の一つで、希少性はもちろん耐食性が高く、加工性も高い金属です。加工性の高さと耐食性の高さからジュエリーとしての需要も多い金属です。因みにジュエリー用としてのプラチナの使用量は世界の中で日本が一番です。落ち着いた白い輝きはダイヤモンドとの相性が抜群で、まさにブライダルジュエリーに最適な金属です。

欧米では定番のゴールド

プラチナが圧倒的に人気な日本では、ゴールドの結婚指輪はあまり多くは無いのですが世界的に、特に欧米で見ればむしろゴールドの指輪は定番となっています。歴史的に見ればそもそも結婚指輪の起源とされている話に金の指輪が登場するので、ゴールドこそ伝統の地金と言えるでしょう。ゴールドと一口に言っても、単体で使用されることは少なく、他の金属との合金として利用されます。この際に色味に応じて様々な呼称があります。いわゆるカラーゴールドですが、欧米ではイエローゴールドが定番です。かわいらしい雰囲気のピンクゴールドなどは日本でも最近人気が出ています。

定番以外の金属の結婚指輪

結婚指輪の地金としてはプラチナとゴールドの二つが大半、というよりほぼ全てといっていいほど圧倒的な地位を得ていますが、それ以外の金属を地金として利用した指輪というのも存在しており、個性を求めるカップルなどに人気です。長らく使用する指輪であるため、安全性の確保が何より優先されるので、どのような金属でもいいというわけではないのですが、安全性は高くても昔は加工性の難しさから指輪として利用できなかった金属が、技術の発達で指輪として利用できるようになるなどして、その選択の幅は広がっています。ジルコニウムやタングステン、パラジウムなどがあります。

近年ではネット通販でも結婚指輪を購入することが可能になっています。実店舗が近くになかったり時間的な余裕がない人はそこを利用しましょう。