何で選ぶべき?いまどきのペット保険とは?

お手頃な料金から揃う保険

ペットは家族という感覚の家庭が増えると同時に、ペット保険も今かなりの数が出ていますね。大手保険会社からペット独自の新規参入の会社まで、さまざまな会社があります。そして、その掛け金もかなり幅があるのをご存知でしょうか?猫や小型犬であれば月々数百円といった手頃なものから2000円代といったところが相場のようで、これは犬や猫のサイズで変わるだけでなく、さまざまな異なる条件でも変わってくるのです。もちろん、年払いもあります。

使い勝手の良さで選ぶ?

これらの保険は大きく二つに分かれます。一つは動物病院の窓口でそのまま清算が可能なものです。つまり、保険証を提示することで自己負担分のみを支払うことが出来る、人間と同じ方法になります。そしてもう一つは窓口では通常通り支払い、後日保険会社に請求して差額を返金してもらうというものです。こちらはやや手間がかかることと、手術費用など金額の張る場合には一時立て替えが大変というデメリットもあります。ただし、掛け金は若干お手頃なものが多いようですよ。

自己負担金以外のこんなメリット

ところで、掛け金の幅は自己負担金の割合で変わるものが多いですが、それ以外にも特約で変わってきます。ペット保険にも特約があるのです。犬を飼っている人なら、万が一人を噛んでしまった時の不安を抱えている人は多いのではないでしょうか?実は犬がよその人にケガを負わせてしまった場合や物を破損させてしまった時に降りる金額が特約として用意されているのです。最高額を1000万円としている所が多く、裁判の際の費用なども網羅しているものもあります。

ペットを飼い始じめるとワクチンなどで結構お金がかかります。これから先特に高齢になれば病気治療など費用が一層掛かります。人間と同じ生き物ですが、やはり大事に可愛がる為にもペット保険の加入は重要です。